レンタ適正化に向けヒアリング
総務省が支局と京レ協に

img:記事画像

いわゆる「格安レンタカー」にまつわるトラブルや訪日外国人旅行者による事故の増加を受け、総務省・近畿管区行政評価局が5月、レンタカー事業の調査に乗り出した。京都では、すでに近畿運輸局京都運輸支局と一般社団法人京都府レンタカー協会へのヒアリングを終え、3〜4社の府内レンタカー事業者に対する調査も7月までに順次行われるもようだ。結果次第では、何らかの措置が講じられる見込み。レンタカーそのもののあり方も問われる計画調査だけに、今後業界全体へ波紋が拡がりそうだ。記事全文

img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像バックナンバー
img:見出し画像バックナンバー

img:見出し画像

img:見出し画像

img:見出し画像

img:バナー画像
img:バナー画像