自動車税制改革フォーラム
府に関係諸税の負担軽減求める

img:記事画像

自動車関係団体21団体で構成する「自動車税制改革フォーラム」は、来年10月の消費増税を見据えた税制改正の議論が本格化している中で、自動車関係諸税の負担軽減と簡素化を求めるため、全国47都道府県で要望活動を展開している。京都では、10月30日に日本自動車連盟(JAF)京都支部の森川莫臣支部長をはじめとする自動車関係9団体10名の代表が京都府庁を訪れ、京都府の勝目康総務部長を通じて、西脇隆俊知事に要望書を提出した。フォーラムが京都府知事宛に要望を行うのははじめて。フォーラムはユーザーの声を集約するこれまでの活動を引き続き実施する一方で、首長クラスにも諸税のあり方を問いかけ、波及効果をねらう。記事全文

img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像記事一覧
img:見出し画像バックナンバー
img:見出し画像バックナンバー

img:見出し画像

img:見出し画像

img:見出し画像

img:バナー画像
img:バナー画像